組織的な大学院教育改革推進プログラム

医療系クラスターによる組織的大学院教育

 徳島大学蔵本キャンパスには、医学・歯学・薬学・栄養学・保健学に跨がる医療系3学部7学科と5大学院があり、酵素・ゲノムの各研究センターと附属病院を加え、多職種にわたる医療人と研究者の養成を担う生命科学の一大教育・研究拠点を形成しています。
2004年にはこれらを統合してヘルスバイオサイエンス研究部(HBS研究部)が設置され、組織横断的な教育支援のために医療教育開発センターが開設されました。

 この徳島大学蔵本キャンパスの特徴を活かし、組織横断的な教育体制をさらに一層推進するために、「医療系クラスターによる組織的大学院教育」の取組を提案しました。
この取組では医療系5大学院博士課程から学生を選抜し、所属大学院・専門分野の異なる複数の指導者で形成した教育クラスターが、学生の主体性を尊重した双方向性の指導を一貫して行います。
これによって領域横断的・学際的研究を自立的に遂行できる世界最高水準の生命科学研究者を育成することを目指しています。

 平成22年度より、本プログラムの学生はすべてRAとして雇用され、複数の教員の研究補助を行いながらその手法を学びます。
後進の研究指導を行うために、若い時から指導能力を身に付けた次世代指導者が誕生することも期待されています。

 この3年間の取組実施により、従来の枠組みでは得られなかった新規性かつ水準の高い大学院教育の新たな基盤を築き、将来の大きな研究成果に繋げていきたいと思います。

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス 研究部
研究部長・GP代表者 玉置 俊晃