センターについて

副センター長あいさつ

大学院医歯薬学研究部 医学域医科学部門 医療教育学分野 准教授
吾妻 雅彦

今年度より、模擬患者参加型教育協議会、スキルス・ラボ運営協議会議長を赤池センター長から引き継ぐことになりました。
より実践的な医療教育の構築のため、蔵本地区医療系学部の連携が一層深化するよう努めてまいります。  

教養教育院 医療基盤教育分野 教授
岩田 貴

専門医の経験を生かした卒前の初年次教育はじめ、現行の卒前・卒後教育、生涯教育(地域の医師会などとの連携)に携わることで、初年次から卒後まで一貫した医療基盤教育の構築と実践を目指すというミッションを加速させたいと思います。

大学院医歯薬学研究部 歯学域口腔科学部門 教授
石丸 直澄

本センターでは優秀な多種職医療人の育成を目指し、教育・研究・診療の三位一体の医療教育を基盤としてソフトおよびハード両面からサポートするシステムが構築されています。今後、次世代のリーダー医療人が続々と育っていくことを切に願っております。

大学院医歯薬学研究部 薬学域薬科学部門 創薬理論化学分野 教授
立川 正憲

薬学部は、チーム医療の一員として、指導的役割を担い科学的能力を備えた薬剤師、及び創薬に関する高い研究能力を身につけた研究者の育成を担っています。医療専門職連携教育を通して、薬学の強みを生かしながら、世界的・地域的視野で活躍できる人材の育成に取り組んで参ります。

大学院医歯薬学研究部 医学域栄養科学部門 教授
竹谷 豊

医科栄養学科は、高度な技能・知識を有する管理栄養士を養成するために大学院教育の改革に取り組んでいます。栄養学の専門性をいかしつつ、多職種連携教育など、蔵本地区の教育連携に尽力していきます。本年度、Tokushima Bioscience Retreatを担当します。

大学院医歯薬学研究部 保健学域保健科学部門 臨床腫瘍医療学分野 教授
近藤 和也

保健科学教育部に大学院が整備されて11年となります。毎年、定員を超える多くの学生が入学を希望しています。前期課程では、さらに、高度医療専門職者の養成を促進していきます。卒業研究―前期―後期課程と一貫した研究体制を整え、研究業績をあげるとともに、次世代の優秀な人材を輩出していきたいと思います。