医歯薬学共創プラザ1F
医歯薬学共創プラザ1F
医歯薬学共創プラザ2F
医歯薬学共創プラザ2F
医歯薬学共創プラザ3F
医歯薬学共創プラザ3F

スキルス・ラボとは・・・

スキルス・ラボは「臨床技能学習施設」のことです。Clinical Skills Laboratoryを略してスキルス・ラボと呼ばれています。

医療人が診療現場において安心・安全な医療を提供するためには基本的~専門的な医療技術・技能の習得とともに、状況把握やコミュニケーション、チームワークといったノンテクニカルスキルを身につける必要があります。そのためには実際の診療現場に出る前に、また診療現場に出てからも、継続的に基本的~専門的技術・技能を練習できる環境や、実際の場面を想定した学習の場が必要です。

当センターのスキルス・ラボは蔵本キャンパスの中央に位置し、患者さんを模したシミュレーション人形や、診察、検査のためのモデル、ベッド、カメラモニターなどの学習機器が数多く揃えられています。ここで効果的な練習を積み重ねることにより、患者さんの肉体的・精神的負担や潜在的な危機を最小限に抑え、社会の人々に安心安全な医療を提供することが、この施設の目的です。当施設と診療現場を行き来しながら、総合的な医療人教育が推進され、地域全体の医療人育成に貢献できることを目指しています。

利用対象者

徳島大学に在籍する教職員・医療系学生・その他センター長が使用を認めたもの

利用の流れ

※予約は利用日の1週間前までにお願いします。

◆教職員◆

  1. 「スキルス・ラボオーダリングシステム利用の流れ」をご覧ください。
    スキルス・ラボオーダリングシステム利用の流れはこちら
  2. ユーザー登録を行い、IDパスワードを取得後、予約して下さい。
    ユーザー登録および予約はこちら

◆学生◆

  1. 学生は、スキルス・ラボ使用申込書に必要事項を記入する。(責任教員のサインとメールアドレスが必要です)
    スキルス・ラボ使用申込書
  2. スキルス・ラボ使用申込書を、医療教育開発センター事務室に提出する。
  3. 予約が完了すれば、責任教員に予約内容がメールで送られる。
  4. 使用後は、医療教育開発センター事務室に実際使用した人数を報告する。

物品一覧

徳島大学スキルス・ラボ物品一覧からご確認いただけます。

利用時の注意事項

  • スキルス・ラボ内は飲食禁止です。
  • 許可された目的外の使用を禁止します。
  • スキルスラボの物品・備品は、患者診療用としての保守・管理を行っていませんので、診察器具を含めて、学生や教職員が患者診察・診療に使用することはできません。
  • 貸出し物品の転借は禁止です。
  • 学習者による準備や後片付けも教育の一環としてご指導ください。
  • 廃棄方法も学習です。施設内の表示に従って正しく分別してください。特に・・
    *針、メス等鋭利な刃物は必ずシャープスコンテナに廃棄し、他のゴミ箱に入れないこと。
    *疑似血液は血液として扱い、付着したものは感染性物質として扱うこと。
  • 物品を破損、汚損、紛失した場合は必ず医療教育開発センターに申し出てください。
  • 使用後は部屋を現状復古し、エアコンの停止、消灯を確認し、確実に戸締りをしてください。

*以上のことに協力が得られない場合、使用を禁止することがあります。

学外の方の利用について

利用に際しまして、使用料金が発生する場合があります。少なくとも利用2か月前までに、医療教育開発センターまでご相談ください。

連絡先

E-mail: skills-labo@tokushima-u.ac.jp
TEL: 088-633-7533(内線9631) / FAX: 088-633-9105
徳島大学クリニカルスキルス・ラボラトリーオフィスアワー:平日9:00~17:00